Okinawa LOVE-TV.com

沖縄の気になる情報等を発信していきます。

web 雑記

ワードプレスではレスポンシブwebデザインのテーマは必要無い?

最近はワードプレスのテーマもレスポンシブデザインのテーマが増えてきています。

ですが正直なところ、ワードプレスでサイトやブログを作る際にそういったレスポンシブ対応のテーマを使う必要があるのか少々疑問がある。

 

なので今回は、ワードプレスでレスポンシブwebデザインを使うメリットとデメリットを書いてみる。

 

 

これはレスポンシブwebデザインが必要ないということでは無く、あくまでも初心者さんにはオススメしないよ、という事で書いてます。

 

なんで?という方は是非読んでみてください。

 

 

レスポンシブwebデザインとは?

 

簡単に言うと「パソコン、スマートフォンに対応した表示が出来るデザイン」です。

通常はパソコンとスマートフォンのサイトは別々に作成しないといけませんが、レスポンスデザイン対応のテーマは、パソコン、スマートフォンの両方で最適な表示が出来るということです。

 

なので、最近ではこのレスポンシブwebデザインの需要が高まってきています。

 

 

メリット

 

・ソースが1つなので管理が簡単

上に書きましたが、1つのサイトで全てに対応しているので1度作ってしまえば管理が楽です。

 

・SEOにいいらしい

レスポンシブwebデザインは、googleで推奨されているのでSEO(検索結果の上位になりやすい)に強いとかなんとか・・・。

 

・サイトのイメージが変わらない

同じサイトを最適化しているので。

 

・URLが1つ

1つのサイトなので当然URLが1つ

 

 

と、調べるとメリットは大体こんな感じ。

 

 

デメリット

 

・スマートフォンだと重くなる?

パソコンと同じサイトを使っているのでサイト自体が大きいので重くなる?

 

・サイトを構築(作成や変更)が難しい

運営は楽だけど、大幅なデザインの変更は大変

 

・スマートフォンではパソコン向けのサイトが見れない

当然と言えば当然。

 

 

と、デメリットは大体こんな感じ。

 

 

 

ワードプレスではレスポンシブデザインは必要ない?

 

ワードプレスのサイト運営でレスポンシブwebデザインを見てみると、メリットよりもデメリットの方が大きい気がします。

 

僕が個人的に初心者さんにレスポンシブwebデザインを使わない方が良いと思うのは、デザインやレイアウトの変更が難しいということです。

 

もともと配布されているテーマをそのまま使う分には何も問題は無いですが、レイアウトを変更しようとしたりするとさあ大変です。

最悪、全てのレイアウト毎に対して変更を行わなければいけなくなります。

 

あと、「URLが1つ」というメリット。

これはワードプレスのプラグインで解決です。

 

スマートフォンに対応させるようなプラグイン「WPtuch」をインストールすれば自動的に同じURLでスマートフォンのサイトの出来上がり。
しかも、パソコン、スマートフォンサイトの切り替えボタンも付いているので、デメリットの方で書いた「パソコン向けのサイトが見れない」という問題も解決!

 

 

 

 

とうか正直、レスポンシブwebデザインのテーマをそのままの状態で使う分には何も問題は無いんですよね。

 

でももし、初心者だけどレイアウトを変更したいという方がいらっしゃったら、レスポンシブwebデザインのテーマは選ばないようにしましょうね。

-web, 雑記