Okinawa LOVE-TV.com

沖縄の気になる情報等を発信していきます。

web

ワードプレスプラグインのweb予約システムMTS Simple Booking-Cがシンプルで使いやすいと思う

2016/09/26

最近は、
個人の方が自宅でカフェやサロンを経営。
そういった個人事業の方が増えてますね。

そんな中、

「ホームページ上で予約を受けたい」

そういう方が結構居るんじゃないですか?

そういう要望がある場合、普通は
予約システムの導入を業者に頼み、
既存のホームページにシステムを導入。

そういう事になると思うのですが、
そうした場合、結構な費用が掛かってしまいます。

しかし個人の場合、費用は出来るだけ抑えたい。
そう思うのが普通です。

そういった場合、

ワードプレスであれば
プラグインをインストールするだけで
web予約システムを導入
する事が出来ます。

「ワードプレスの予約システムのプラグイン」

検索してみるといくつか
予約システムを見つけることが出来ます。

しかし、多機能すぎて設定が複雑だったり、
管理画面が英語の表示しか出来なくて
日本で使うには適さないこともしばしば。

これだ!
というものがなかなか見つかりませんでしたが、
ようやく自分で使ってみて
簡単で管理画面が日本語表示の予約システム
を発見したのでご紹介したいと思います。

それがこの、
MTS Simple Booking-C
というプラグイン
です。

MTS Simple Booking-Cの使い方

それではまず、
MTS Simple Booking-C
この機能を使ったページを見て下さい。

Okinawa LOVE-TV.com
沖縄の気になる情報等を発信していきます。

 

確認しましたか?

それでは予約システム
MTS Simple Booking-C
の作成手順です。

 

その他オススメ予約システム。

ワードプレスのプラグインではなく、
無料オンラインサービス予約システムです。

事業用に使うのでしたら、
セキュリティー面を考慮した場合、
こちらの方が良いかもしれません。

オンライン予約システムが無料で利用できる「RESERVA(レゼルバ)」が結構よさげ
以前、ワードプレスプラグインを使った予約システム「MTS Simple Booking-C」をご紹介しました。基本、ワードプレスはプラグイン等を利用すれば大体の事は出来るといわれていますが、デザイン性や使い易さ等を考える...

ダウンロード&インストール

yoyaku2

まずはプラグインをダウンロード。

yoyaku3

プラグインがダウンロードできたら、
左のメニューバーから

プラグインの新規追加
 → アップロード
 → ファイルを選択
 → インストール

インストールできたら、
プラグインを必ず有効化してください。

yoyaku4

正常にインストールされ、
有効化すると、

管理画面のメニューに
「予約システム」の項目が追加されます。

システムの設定

yoyaku5

まず始めに、
予約システム → 各種設定から、

一番上にある
予約の受付のチェックボックス。
そこにチェックを入れてください。

この項目にチェックを入れないと
カレンダーが表示されない

ので必ずチェックを入れ、
ページ下部の変更を保存を押して下さい。

保存を押さないと
設定が反映されないので注意しましょう。

施設情報、予約メール等は
必要に応じて入力、変更してください。

その他に関しては設定する必要は無いです。
状況に応じて設定してください。

予約品目の登録

yoyaku6

左のメーニューバーに、先ほどの
「予約システム」とは別に
「予約品目」というメニューが出来ます。

その中の
「新規予約品目」をクリックして設定します。

yoyaku7

この予約品目のページが
トップのページになります。

簡単な説明などを記入したら
(別に何も書かなくても大丈夫です)、
一旦公開してください。

公開にしたらページ内に
予約カレンダーを表示させるために
以下のコードを記入します。

[monthly_calendar id="○○"] 

○○の部分にはページIDを記入。

yoyaku8

ページIDは、
現在表示されているURLの数字の部分。
(一旦公開しないと表示されないので注意)

sbc

上手くいけば、
このような予約カレンダーが表示されます。

イベントスケジュールの設定

yoyaku9

メニューの「予約システム」から、
「スケジュール」を選択し、
先ほど作成した予約品目の表示を確認。

毎週日曜日に
イベントを開催すると仮定して
日曜日にチェックを付け
「スケジュールを保存」します。

固定ページを作成する

yoyaku10

最後に、
予約フォームを表示させるページを
固定ページで作成します。

固定ページ → 新規追加

固定ページのスラッグ
(赤枠で囲われている部分)を
booking-formと入力して公開。

sbc1

sbc2

内容は特に入力しなくても
自動的にこのフォームが表示されます。

続いてもう一度固定ページを新規追加。

yoyaku11

先ほどと同じ要領で、赤枠の部分に
booking-thanksと入力して公開。

因みに、固定ページで作成したページは
入力フォームの処理に使われるもので、
直接表示させるものではないので注意。

 

お疲れ様でした。

これでweb予約システム
MTS Simple Booking-C

設定完了です。

予約カレンダーがちゃんと表示されるか、
「新規予約品目」で設定したページを
表示して確認してみてください。

-web
-