熱いとアイスより氷菓が美味い

なんだったっけかなー?

たしか、気温35度を超えるとアイスよりもかき氷が売れる法則みたいなやつがあったよね?

確かに熱いと手っ取り早く涼をとるためには氷を直接食べる方が涼しく感じる。

というか、夏は氷菓で冬はクリーム系のアイスみたいなイメージはあるな。

振り返ってみると、夏は氷菓ばっかり食べてる気がするよね確かに。

意識してるわけじゃないけど、体が欲してるんだろうな。

夏は氷菓が欲しくなるとは言え、買ってからその場で食べるのならまだしも、この炎天下の中買ってから家まで持ち帰るまでに溶けるんよね。

だからこういうカップ形の多少溶けでも大丈夫なアイスを買いがち。

持ち帰りには多少溶ける前提なんだけど、完全にかき氷みたいなカップはダメ。

溶けて再度冷凍庫で凍らせるにしろ、かき氷はただの氷っぽくなるから。

という訳で数少ない多少溶けたのを再度凍らせても美味しく食べれる爽を購入する事が多いかな。

これって中に氷の粒粒が入ってて美味しいんよね。

アイスクリームと氷菓の中間って感じ。

季節ごとに限定の味のバリエーションも豊富な所も良い。

というかさ、このアイスって氷の粒小さくなってるよね?

自分の勘違いじゃないよね?

昔はもっとジャリジャリと氷の粒があったような気がするんだけど・・・気のせいか?

まあ美味しいからどっちでも良いんだが。

 

ともかく、夏はアイスが美味い。

]]>

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください