Okinawa LOVE-TV.com

沖縄が好きな沖縄人による沖縄での生活

グルメ・レシピ スイーツ

ケーキなティラミスを作りたかったんだ・・・

美味いよねーティラミス。

甘いけどほろ苦く、
どこか大人な雰囲気なスイーツ。

平成初期にブームになったよね。
昭和生まれなら知ってるはず。

あの頃はまだ子供で、
値段が高いティラミスは大人の味。

背伸びしたい子供の憧れ。

だったはず。

たしかイタリアンスイーツだっけ?

記憶によると確か同時期に
ナタデココとかも流行ったけど、
今に残ったのはティラミスだけ。

今に残るという事は、
それだけ美味しいスイーツって事。

だからか知らんけど、
今でもティラミスは大好きです。

そんなティラミス好きな私ですが、
あの頃の憧れをもっと堪能したい。

簡潔に言うと、大人食いがしたい。

子供の頃誰もが一度は憧れるあれ、
ケーキのワンホール食い。

あんな感じのティラミス大人食い。
大人なんだからやってみたいのさ。

あの頃ティラミスに感じた大人。
それとはまったくかけ離れるけどな。

それでも一つの夢を叶えるのさ。

大人だからな。

 

ティラミスを作る

お菓子作りって難しい?

いやいや、実はとても簡単。

工程だけならな。

基本は量って混ぜて整える。
あとは焼くか冷やすか。

そんなもんだ。

ただ、難しいのは。
それらを正確にやらないといけない事。

ティラミスだって工程は簡単だ。

マスカルポーネと砂糖卵黄を混ぜる。

生クリームをホイップ。

ホイップした生クリームを
マスカルポーネと混ぜる。

混ぜるのは3回程に分ける。
この時混ぜすぎないよう注意。

混ぜすぎると
せっかくのホイップがつぶれちゃう。

ここ結構大事な。

2つを混ぜ終わった?

よし、ある意味コレで完成だ。

あとは容器にどう入れるか。
それだけだ。

この時点で食べてもティラミスだ。

だがしかし、これで終われない。

食べたいのはホールケーキ的な奴。

今回はカップではなくホールにしたい。

て事で器を用意。

ダイソーのケーキ型。

そう、ケーキを焼く型だね。

型にカステラで底を作る。
そして珈琲を浸み込ませる。

もうなんかあれだね。
ティラミスっぽくなってきたね。

そこにティラミス(本体)流し込む。

同じ事を一回やって
間に層を作っているよ。

型の上まで詰めたら冷蔵庫へ。

映像ではわかりにくいけど、
この型、下から漏れまくってるんだ。

さっき言ったけど、ケーキ型なんで
底が外れるようになってるんだ。

この時点で不安しかない。

固まる迄に流れ出さないか心配。

と思ったけど、
意外とちゃんと固まった?

ただちょっと滑らかさが・・・。

最後の仕上げ。

ココアパウダー(無糖)。

甘いの苦手な人や
甘さ控えめが好きな人におすすめだ。

バニラアイスに掛けてると美味いぞ。

これで完成。

なんだが、

溶けてきたw

やはりティラミスホールは無理か?

容器に入れないとダメか?

いや、もっと固めに作れば。
ゼラチン混ぜれば。

どうにかしたらいけるか?

 

ま、何はともあれ、

味は美味いから問題なし。

大成功とはいえないが、
成功と言えるのだは無かろうか。

 

またいつか
気が向いた時にでも挑戦します。

-グルメ・レシピ, スイーツ
-