Okinawa LOVE-TV.com

沖縄から気になる情報等を発信していきます。

沖縄情報

不登校?登校拒否?10歳のユーチューバー「少年革命家 ゆたぼん」

2019/05/06

yutapon

こんにちは、おきらぶ管理人(LOVETVcom)です。

 

沖縄在住の少年ユーチューバー「ゆたぼん」。
私もおっさんと言われる年なので、
恥ずかしながら、そこそこの固定概念があります。

なので、「不登校=虐められて学校に通えない子供」
という思いで記事を読んだんですが、
これがまた思ったのと全然違ってある意味ビックリ。

「不登校は不幸じゃない」10歳のユーチューバー 沖縄から世界に発信「ハイサイまいど!」

琉球新報より

虐めや障害などで学校に行けない人、
やむにやまれず登校できない人は大勢いる。

この少年のその一人?
いや、そんな事無いぞ、不登校の理由がまさかの

ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている。

単に勉強したくない、先生の言う事聞きたくない。
ただのわがまま。

これは不登校の理由にはならないし、
やむにやまれず不登校の子供たちに失礼かと。

他の子と同じカテゴライズにしてはダメだが
これまたなんとも。

いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信している

いや、この子に相談するの間違ってるからね。
単にわがまま、勉強が嫌で学校行ってないだけだから。

 

義務教育。

これは子供が教育を受ける権利。
権利なので必ず行く必要性は無い。
何か事情があれば行かなくてもいいだろう。

だが、
親には子供に教育を受けさせる義務がある。
義務は必ずやらせないといけない事なのよ?

虐めや不登校の子供たちも、
学校に通ってないだけで勉強はしてるからね。
そこ、間違えないように。

で、この子の場合はただのわがままなので
親が叱りつけてきっちり学校通わすべきかと。

人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演を重ね「ノートに書くだけが勉強じゃない。いろんな人に会うことも勉強だ」と、学校ではできない学びに自信を深めている。

YouTube見たけど、学校通ってても出来るよね?

今は子供だから、無知・蒙昧で通用するけど、
年齢を重ねるにつれ、ある程度読み書きは必要よ?

まあ、色んな意味で今後に注目です。

 

ゆたぼん
少年革命家ゆたぼんチャンネル - YouTube

ゆたぼんの親父のブログ
中村幸也オフィシャルブログ

-沖縄情報