冬なので取り寄せられる人気の生チョコ調べてみました

ようやく冬らしくなってきました。 冬と言えば? そうですチョコレートです。 そして生チョコです。 この時期にしか食べれない生チョコ。 当然チェックしますよね。 本音は目に付く物全部食べたい。 だけど、無理。分かってる。 なので人気の商品は全部食べてやる。    

ブランドで選ぶ

生チョコで有名な所は外せない。 これだけは絶対食べとけよ。 食べなきゃ生チョコ語れないぞ。

ROYCE'(ロイズ)

royce 言うまでもない定番ブランド。 ロイズが日本での生チョコの地位を確立 そう言っても過言ではない。 国産生チョコで一番有名な所。 北海道産。 ロイズの生チョコは種類が多い。 なので限定品も多い。 限定品の生チョコを見つけたら 直ぐ売り切れになる事が多いので、 即買いするのをお勧めする。

ROYCE'(ロイズ) 生チョコレート [オーレ]

新品価格 ¥777から (2016/11/8 12:56時点)

モロゾフ(Morozoff)

the_cl02 こちらも日本生まれのブランド。 神戸発祥です。 モロゾフは毎年 バレンタイン時期に生チョコを販売。 種類は3つ。 ベーシックなミルク コニャック風味セミスイート 抹茶を効かせたグリーンティー

モロゾフ ロイヤルタイムS MO-1008

新品価格 ¥2,916から (2016/11/8 12:58時点)

神戸フランツ

01 名前の通り、神戸発祥ブランド。 ツボプリンや 半熟チーズケーキ等で有名。 チョコレートで有名なのは、 バレンタイン時期の工具チョコ。 お取り寄せでは他の商品が人気だが、 冬しか味わえない生チョコ、 こちらのクオリティーも素晴らしいので 是非一度味わってみてほしい。

伊藤久右衛門 宇治抹茶生チョコレート 16粒箱入り 和紙ラッピング

新品価格 ¥1,080から (2016/11/8 12:59時点)

5th Avenue Chocolatiere

5th-choco_01 ちょっと名前がめんどくさい フィフスアヴェニューチョコラティア ニューヨークの有名ブランド。 ですが、日本での取り扱いが少なく 結構レアなブランド。 そのため販売数も少なく、 直ぐに売り切れてしまうので 見つけたら迷わず買いたいブランド。 5th Avenue Chocolatiere

PIERRE MARCOLINI

20131021-120530-4 ピエールマルコリーニ。 最近人気の高級ブランド。 高級ブランドなので、 当然その品質もピカ一です。

Galler(ガレー)チョコレート ベルギー王室御用達 ミニバーギフトボックス 24本セット

新品価格 ¥3,240から (2016/11/8 13:07時点)

ル・ピノー(LE PINEAU)

大阪発祥のブランド。 見た目はロイズっぽいですが、 種類が豊富で面白い。 マンゴーや林檎酒 ストロベリーレアチーズ等、 食べてみたいものが多いです。

LE PINEAU ルピノー クリームミルクの生チョコレートS

新品価格 ¥918から (2016/11/8 13:08時点)

六花亭

990 苺のチョコでおなじみのブランド。 こちらも北海道です。 「大地」や「まくら木」等、 北海道を意識した商品が多いのが特徴。 もちろん味も最高です。

六花亭 ストロベリーチョコ ホワイト

新品価格 ¥600から (2016/11/8 13:09時点)

まとめ

生チョコの季節になると、 ようやく冬が来たって感じますね。 生チョコのクオリティーも上がり、 味の種類もどんどん増えて、 冬の楽しみの一つになりました。 ただ一つ、普通のチョコレートよりも 「かなり」カロリーが高いので 食べすぎには気をつけましょうね。]]>

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください