Okinawa LOVE-TV.com

沖縄が好きな沖縄人による沖縄での生活

商品レビュー

初心者がCT125ハンターカブのリアBOXモトボワットBBの取り付けやってみた

まだ大分前ではありますが、
(1月末頃約3か月前頃)
ハンターカブを購入しまして。

CT125ハンターカブもカブ。

なもんで当然収納が無いんです。

収納が無くてすごく困る。

なんて事は無いんですが、

収納の有無は
便利さに天と地ほどの差がありる。

というのは考えずともわかる事。

まあ見て分かるように、
カブにはリアキャリアがあります。

それはもうまさに、
収納位自分で何とかしなさいよ。

と言わんばかり。

であるならば、
何とかするしかないでしょう。

というわけで買いました。
リアボックス。

基本、知識も無いので不安だが、
まあこれ位は何とかなるでしょう。

 

リアボックス取付

まず、何を取り付けるか?
いや、何を取り付けたいか、か?

希望としては、
なるべく大きなサイズのボックス。

そしてヘルメットが入るもの。
カブはメットインが無いからね。

そして何より、安い物を。

て事で上記の条件をふまえ調査。

 

有名な所、定番で言うと。

GIVIのボックス。

これはよく見るやつだね。

ただ、形があまり好きではない。

カブのリアキャリアにこの形・・・

合わないよね?

出来れば四角い形が良いかな?

で四角いGIVIを探してみると

あるね、四角いの。

あとはサイズ。

左が32L。右が43L.

・・・

右の43Lでも問題ないけど、
もう少し大きい物が欲しい。

何故なら、
ハンターカブのリアキャリアは広い。

せっかく広いんだから、
出来るだけ大きい物を乗せたいんだ。

大は小を兼ねる。

で、さらに大きい物を探す。

で見つけたのがコチラ。

58Lのボックス。

形、デザイン、サイズも良い。

ただ・・・高い!

32L、1万2千円。
42L、1万5千円。

ときて、

58L、6万8千円!

急に値段上がりすぎじゃない?

て思ってちょっと調べてみた。

サイズが50L超え位になると

強度的な問題で材質がアルミ製
そして値段もグッと上がるみたい。

これは安全にかかわる問題だから、
まあしょうがないかな。

安全性なんかを無視すると
もっと大きなもののあるだろうけど
流石にそこは無視できない問題だから。

それでも出来るだけ大きな物が欲しい。

で、あれやこれや調べながら
購入したものがこれ、

 

モトボワットBBリアボックス。

GIVIの42Lでもよかったけど、
やっぱり少しでも大きな物を。

そして少しでも安い物を。

て事でこのボックスに決定。

 

カブに装着出来る事も確認済。

では取り付けます。

設置方法はとても簡単。

多分これは共通だと思うけど、
取付台をキャリアにくっつけるだけ。

必要な道具は2つ。

まず六角レンチ。

これはハンターカブに標準装備。

それとペンチ。

締め付けるネジを抑える物。

基本この2つがあればオッケー。

最後にカバーを止めるために
プラスドライバーも必要。

まあこれは目隠しなんで
無ければ無いで問題ない。

 

・・・

 

と、

無事に設置できましたが、
これ結構大変でしてね。

ハンターカブのリアキャリア。

見て分かるように、
ちょっと形が特殊でしょ?

なもんで、
留め具の位置を決めるが大変。

ま、結局できたから良いんだけど。

一応ハンターカブに設置出来るか
ちゃんと確認して購入したけどね。

それでも作業中は

これちゃんと留められるのか?

なんて事をしょっちゅう思ったよ?

結局30分位かかってもうた。

初心者なんてこんなもん。
少しずつ出来るようになればいいさ。

 

出来るようになるよね?

 

-商品レビュー
-, , , ,