Okinawa LOVE-TV.com

沖縄が好きな沖縄人による沖縄での生活

商品レビュー

大好きな軟骨ソーキそばのカップ麺が明星から発売されていたから食べてみた

PA217373

普通のソーキそばも
もちろん美味しいですけど、
とろとろに煮込んだ軟骨の
ソーキそば、美味いよね。

好き嫌いは分かれるけど、
軟骨好きなんで、
あの食感はたまりません。

そんな軟骨ソーキそば、
明星から発売されてました。

ただ、沖縄風?ソーキそば?
ソーキそばって沖縄以外にあるの?

明星の軟骨ソーキそば

PA217376

中身はこんな感じ。

レトルトの軟骨ソーキ。
かやくと粉末スープ。
そして紅ショウガ。

PA217377

今回のメインはこれ。
軟骨ソーキ。
まさかのレトルトパック。

普段高いカップ麺食べないから、
ちょっとビビった。

蓋の上に載せて温めるらしい。
ちゃんと温まるのか?

あと気を付けないといけないのが、

PA217381

粉末スープは
食べる直前に入れるやつ。
あやうく間違う所だった。
撮影してなければ絶対間違ってた。

てか、入れる順番で何か違うの?

PA217387

お湯を投入して

PA217393

レトルトパックを載せる。
そして5分間の待ち時間。

それにしても
沖縄そばは何故時間が長いのか?

PA217399

粉末スープを入れて。

いよいよお待ちかねの

PA217401

軟骨ソーキ。

PA217406

あれ?
思ったよりもショボイぞ。

そう一瞬思ったけど、
カップ麺だからしょうがないよね。

だって、ソーキって
スーパーとかに売ってるけど、
一切れ2~300円位するもんね。
値段を考えたらこんなもんだよね。

PA217407

そして沖縄そばにはかかせない
紅ショウガを投入すれば、

PA217409

完成です。

う~ん。
若干見た目がショボイな。

軟骨ソーキに金掛かってるから、
他が疎かなのはしょうがない?

まあ美味しければ、ね。

PA217410

麺はノンフライ麺。

私の味覚では、
正直違いがよくわかりません。
が、美味しいよ、麺も。

PA217411

軟骨ソーキ。
サイズは小さいが美味そう。

PA217412

レトルトだから仕方ないけど、
軟骨がもうちょっと柔らかい方が
個人的には好きかな。

と言っても、普通に柔らかくて
全然美味しいんだけどね。

でも軟骨って、
めちゃくちゃ煮込むと
もっちりとした食感になるんだよ。

さすがにそれは、
お店じゃないと無理かな?

にしても、味としては最高です。
いままで食べた
沖縄そばでは1番かも?

[blogcard url="https://okilovetv.com/%e6%97%a5%e6%b8%85%e9%ba%ba%e8%81%b7%e4%ba%ba%e3%81%ae%e6%b2%96%e7%b8%84%e3%81%9d%e3%81%b0%e3%82%92%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%a6%e3%81%ae%e6%84%9f%e6%83%b3%e3%82%92%e6%9b%b8%e3%81%84/"]

[blogcard url="https://okilovetv.com/%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f%e3%83%9e%e3%81%a8%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%81%97%e3%81%9f%e6%b2%96%e7%b8%84%e3%81%9d%e3%81%b0%e3%81%ae%e5%90%8d%e5%ba%97%e3%81%8d%e3%81%97%e3%82%82%e3%81%a8%e9%a3%9f/"]

ただ、軟骨ソーキが
好きなだけという事かもだけどね。

PA217413

ご馳走様。

といっても、
まだまだ続くんだぜ。

貧乏性なんで、
カップめんの汁だって活用するよ。

で、作ったのがこちら。

PA217417

カップめんの汁を使った茶碗蒸し。
これが結構イケるんだよね。

作り方はこちら。

[blogcard url="https://okilovetv.com/%e6%89%8b%e8%bb%bd%e3%81%ab%e5%87%ba%e6%9d%a5%e3%81%a6%e7%be%8e%e5%91%b3%e3%81%97%e3%81%84%e3%81%a8%e8%a9%b1%e9%a1%8c%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e9%ba%ba%e8%8c%b6%e7%a2%97%e8%92%b8%e3%82%92/"]

せっかく高いカップ麺だから、
最後まで有効活用しないとね。

-商品レビュー