生クリームの動物性?植物性?違いは何?

生クリームの植物性?動物性? 一体何が違うんだろう? もちろん名前の違いで、 脂肪分が動物性・植物性位は分かるよ。 じゃあそれ以外は? 何が違うんだろう?  

生クリームって何?

そもそも生クリームって何だろう? 「生クリーム」とは、 生乳や牛乳を原料とし、 その中に含まれる乳脂肪を濃縮したもの。 「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」 と言うものがあり、 「生乳や牛乳を原料とし、 植物性油脂や添加物を含まず、 乳脂肪分18%以上のものを生クリームと呼ぶ」 とあります。 と言う事は、 「植物性生クリーム」と言うものは存在しない。 一般的に植物性の物は、 「生クリーム」と言う記載が出来ないため、 「植物性ホイップ」や「植物性フレッシュ」 等の商品名になっています。  

動物性・植物性の違いは?

植物性の生クリーム

コーン油、綿実油、大豆油、ヤシ油等 「植物性油脂」に乳化剤などを加え、 クリームのように加工しています。 動物性の生クリームに比べ色が白く、 サッパリとしていています。 さらにホイップも滑らかで、 形を綺麗に保つことが出来ます。 但し、動物性に比べて 泡立てるのに時間がかかります。 あっさりしているので 生クリームが苦手と言う方も食べやすいかも。

動物性生クリーム

乳等省令で 「クリームとは、生乳、牛乳又は特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去したもの」 と定められています。 さらに乳脂肪分が18%以上あるもの。 「生クリーム」とある物は全てこのタイプ。 植物性に比べてコクがあり、 口溶けの良さが特徴です。 色は真っ白にはならず、 少し黄味がかかったような白。 植物性に比べ、 分離しやすいというデメリットもあります。   因みに、この両方を混ぜて使う。 と言う方法もあるそうです。 ただ、慣れてないと難しそうですけどね。]]>

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください