薫る洋酒仕込み、ロッテの「ガーナ・マールドシャンパーニュ」

冬と言えば「生チョコ」ですが、 「ブランデー」が入ったチョコも 何故か冬のイメージですよね。 甘いものが好きな私ですが、 お酒も大好きなんです。 なので、 洋酒が入ったチョコレート。 大好物です。

アルコール分1.1%

pb067722 一応確認ですが、 アルコール分1.1%とは言え 仕事中に食べるのはまずいよね? なのでバレないように食べましょう。 pb067723 まずは開封。 ここで気を付けなければいけません。 袋を開けると、 想像以上のブランデーの香り。 この香りは明らかに「洋酒」です。 なので職場などで食べる場合等は 周りに誰も居ない事を確認しよう。 pb067725 お! ちゃんと並べられてるね。 いかにも高級チョコの雰囲気。 でもなんだか「ピノ」っぽいな。 入れ物とかが。 pb067728 そしてチョコの形は ヘーゼルナッツチョコみたいで 色は思ったよりも薄い。 ブランデー入りのチョコって もっと色が濃いイメージがあるよね? pb067733 中身はチョコクリーム。 この部分が洋酒入りなのでしょう。 凄く香りが強い。 アルコールたった1.1%なのに 「アルコールもっと強いんじゃない?」 と感じるほど強い洋酒の薫り。 もしかして、お酒に弱い人は この香りをかぐだけで酔うかもよ? 文句に「薫る」と書くだけはあるわ。 ただも少しわがままを言えば、 ビターなチョコの方がよかったかな。]]>

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください