Okinawa LOVE-TV.com

沖縄の気になる情報等を発信していきます。

やってみた

話題のサラダチキンを燻製にという試みの結果は果たして・・・

最近夜中にお酒を飲むのがマイブーム。
それに合わせて燻製づくりを再開。

とはいえ、作る燻製は簡単な物ばかり。

主にチーズやナッツ類。
ポテチや柿ピーなど。

失敗皆無のかわき物。

これらでも十分満足なんだけど、
たまには手の込んだ燻製が食べたい。

だけど素材から仕込むのはちょっと・・・。

なんて考えてると、

ふと目に付いたこれ。

いま流行の「サラダチキン」。

これ、仕込みの必要なくて良いんじゃね?

て事で、試してみます。

燻製にするのは2種類のサラダチキン。

通常のサラダチキン。

も一つはイナバのサラダチキン。

左がイナバ。
右が普通のサラダチキン。

イナバのサラダチキンは、
見た目がちょっとシーチキンぽく
めちゃくちゃ崩れやすい。
気を付けないと身がボロボロに。

まずペーパーで水気を取り。

しばらく乾燥させます。

ここでしっかり乾燥させないと、
上手い燻製にならないのでとても大事。

今回はヒッコリーのチップを使用。

煙が十分出てきたところで、

サラダチキンをセット。

燻製時間が未だに時間がよくわからない。

20~30分位で良いかな?

良いよね?

ちゃんと出来ましたー。

画像では分かりづらいけど、
イナバのチキンが若干色が濃い。

イナバのチキンをカット。

身が脆いのでカットするのが大変。

通常のサラダチキン。

切った感じは身がシットリ。
なんだかハムを切ってるみたい。

冷蔵庫で少し落ち着かせてから実食。

本来の目的のお酒、泡盛と共に。

今回燻製したのは2種類。

通常のサラダチキンと、
イナバのサラダチキン。

どちらが美味しい?

結果は…

通常のサラダチキンが美味い。

イナバチキンが不味いわけじゃないけど、
ちょっとパサパサ感が強くなってしまった。

身が崩れやすく、隙間が多かったので
必要以上に水分が飛んでしまったからかな?

一方、通常のサラダチキンはというと、

プレスハム的な感じで身がキュッとなり
余分な水分が抜けてないので身がシットリ。

これは旨い。

だけどちょっと残念なのが、
燻製がちょっとだけ甘かった。

個人的に強めの燻製が好きなので、
もう少しだけ強めで欲しかった。

燻製の度合いだけで言えば、
イナバチキンがちょうどよかった。

身も小さく薄いので、丁度良い燻製に。

今度は通常のサラダチキンを使って、
燻製の完成度を高めていきたいと思います。

そしてより良いお酒ライフを目指します。

ではまた。

-やってみた