Okinawa LOVE-TV.com

沖縄から気になる情報等を発信していきます。

AviUtl web

AviUtlに”ちゃんと”画像を追加する方法

2019/04/07

動画編集ソフト「AviUtl」ですが、
動画のなかに画像を入れる事も出来ます。

画像を入れるの簡単で、
タイムラインにドラッグ&ドロップするだけ。

dd

通常はこれで大丈夫なんだけど、
なんか画像がおかしくない?

元画像は全体が写ってるけど、
D&Dで挿入したがどうは上半身だけ。

画像サイズが合わずに端が切れてる?

と言う事で画像を縮小します。

dd1

タイムラインの画像を選択し、
「拡大率」で画像のサイズを調整。

縮小するとと画像の全体像が見えてきました。

dd2

因みに画像は何枚でも挿入できます。

サイズ変更や文字入れ、
そのた簡単な画像処理も可能です。

ですがやはり限界があるので、
画像処理ソフトで編集したほうが良いかも。

でも「単純な事なら出来る」
と言う事を覚えておくと作業が捗ります。

 

画像挿入の注意点

それから一つ注意点なんですが、

最近のカメラって画質良いじゃん?
てことはサイズデカいじゃん?
AviUtlって結構昔のソフトじゃん?

なもんで、
読み込める基本のサイズって小さいのよ。

だから、
サイズのデカい画像を挿入すると

dd3

画像を縮小しても全体が出てこない。
てな事になっちゃうわけよ。

この現象を改善するためには、

「画像処理ソフトでサイズを小さくする」
「AviUtlで読み込めるサイズを大きくする」

このどれかをすればいい。

読み込みサイズを大きくするには、

dd4

「ファイル」→「環境設定」→「システム設定」

dd5

最上部の最大画像サイズを大きくすればいい。

 

のだが、筆者の場合、

「AviUtlで読み込めるサイズを大きくする」と
応答しなくなるなど、挙動が少しおかしくなった。

なのでオススメは
「画像処理ソフトでサイズを小さくする」事だ。

あくまで筆者の場合なので、
どちらを選ぶかはあなた次第。

-AviUtl, web