GIMPで画像の”中”と”外”にモザイクを入れる方法

最近は個人情報が厳しいです。

基本的には屋外で撮影する際には、
極力顔が写らないようにしていますが
これが結構難しい。

特に、お祭りなどのイベント写真。
これは顔が写らないなんてほぼ不可能。

なので、
写真撮影後にモザイク処理するほうがいい。

て事で今回は、
「モザイク処理をする方」です。

 

フィルターでモザイク

moza1

まずは画像のようにモザイクを掛けます。

moza2

モザイクを掛けたい部分を選択。

次に、

moza3

「フィルター」→「ぼかし」
→「モザイク処理」を選択します。

moza4

赤枠部分「ピクセル幅」「ピクセル高」
この2つの数字でモザイクを調整。

これで「OK」を押して決定すると、
最初の画像のようにモザイクが掛かります。

 

画像全体にモザイクを掛けたい場合、
範囲を選択せずに、
そのままモザイク処理をすれば

moza5

このように全体にモザイクが掛かります。

 

選択範囲”以外”にモザイク

moza6

このように、
選択範囲”以外”にモザイクを掛けるには?

moza2

モザイクから外したい部分を選択。

moza7

メニューから、
「選択範囲の反転」をクリック。

すると、
選択した範囲”以外”が選択されます。

これでモザイク処理をすると、

最初の画像の様になります。

 

これでモザイク処理の基本は出来た。

これを覚えておけば何とかなる、はず。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください