チョコレートとココアの違い知ってる?意外と知らない2つの違いをお教えします

チョコレートココア。 原料はどちらも同じ「カカオ豆」。 さらに途中までの工程も一緒。 カカオ豆を発酵させ、 砕いて皮などを取り除き 炒った後にすり潰した物が「カカオマス」。 ここまではどちらも一緒。 では何が違うのか?  

違いはココアバター

「カカオマス」の中に含まれる脂肪分。 それを「ココアバター」と呼びます。 カカオマスからココアバターを抽出した残り。 その残りが「ココア」。 カカオマスにさらにココアバターを加える。 するとチョコレートになります。  

カカオマス含有量による違い

チョコレートは大きく分けて 「ミルクチョコ」「ビターチョコ」 があり、最近では「ハイカカオチョコ」 があります。 ミルクチョコは、 カカオマス含有量20~40% ビターチョコは、 カカオマス含有量40%以上 ハイカカオは、 カカオマス含有量60%以上 となります。 因みに「ホワイトチョコ」は カカオマス含有量0%  

ホワイトチョコはチョコじゃない?

カカオマスの含有量で違いが出るなら、 カカオマスが使われてないホワイトチョコ。 厳密にいえばチョコじゃないの? と疑問に思う人も居るかと思いますが、 ホワイトチョコはチョコレートです。 但し、日本では。 どういうことかと言うと、 日本では、カカオ由来の成分が35%以上なら 正式なチョコレートとと言う事です。 ホワイトチョコレートは カカオバターをメインに作られるので 「チョコレート」という分類になります。 海外だと決まり事が違ったりするので ホワイトチョコはチョコじゃない! と言う認識が強いみたいです。]]>

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください